これが私の生きる道

好きなものを好きなだけ好きなように

TTT 戸惑いの惑星結末考察

もう既に色々出し尽くされてる感はあるけど、自分の思うのも書き残しておこうと思う。

私もいくつか人の考察的なものを読ませていただいて、最後の三池の描いた似顔絵が白紙であるってのを複数見た。
そこに意味があると捉えて考察してる方もいたけど、私個人としては白紙に意味はないと思ってる。
どんなものが描かれているのかは客席には見えない様にしていたと思うんだよね。
仮にそこに何かが実際に描かれていたらそれこそ今回白紙である事を確認した人達が「こんな絵が描かれてました!だから結末はこうです!!」って言ってしまう。
どんなものが描かれているかは観た人の御想像にお任せします。が正解だと思ってるのが私が白紙に意味はないと思う根拠です。
でも白紙に意味があるというものの中で、はせっちの病状が悪化して自分を失うから白紙って説はなるほど…と思いました。

話の結末は三池の描き始めた絵を見た由利の反応からすると幸せな結末ではないのかな…と言う気はしている。
でも、未来の姿を描く三池の能力を踏まえると可能性としては

1.阿修羅像みたいな絵が描かれていた

病状が悪化してはせっちが死んでしまう。(肉体的に死ななくても自我を失ってはせっちと言う人格が消えてしまう的な意味で)

2.ピカソ的な感じのぐちゃぐちゃな絵が描かれていた

これも1に近い感じなんだけど、自我が完全に消えはしないけど病状は良くならない。

3.はせっちそのものが描かれていた

これは、三池が自分の能力をあえて逆手に取って描いたのかなと。
ただこれは三池も由利もはせっちが元通りになるのは無理だと思ってるのが前提。
そう思ってるけどあえて自分が視覚として見ているそのままのはせっちを描く事によって運命(未来)を変えようとした。
由利が絵を見てああいう反応をして三池が「何も言うな。言ったら絵の自由がなくなる」みたいな事言うのはそういう事なのかなと。

それとこの場合はもう1つ考え方があって、三池の能力が無くなってる。
でもこれだと彼女からの手紙の内容がなーって気がする。


まぁこんな感じでどれもいまいち自分的にこれ!!って感じのはない。
どれもうーん…ってしっくりこない。




これは考察ではなくて私の個人的な願望なんだけどラストシーンの三池の描いた似顔絵を見たはせっちには笑って欲しかった。
そういう演出が良かったなーって言うのがすごくあって。
なんて言うか笑顔と言っても必ずしもハッピーエンドと捉えられる風じゃなくて、ハッピーエンドに思える人もいればバッドエンドに見える人もいるみたいな…
そういう含みを持たせた感じなんだけどはせっちは笑顔で終わらせて欲しかったなぁと。

笑顔の意味は

1.描かれている似顔絵が笑顔だったから。

これは描かれているのが自分だとはせっちが認識出来てる出来てないは置いといて、笑ってる顔が描かれてるからそれを見て単純に笑顔になった。

2.描かれている絵はどんなものにしろ、絵を見て自分が何者であるかを取り戻したから。

三池の元から何も言わずに去った彼女の手紙(実際は記憶喪失の設定にしてはせっちが書いたもの)にあった、三池の絵を見てすべてを思い出した。っていうのが伏線。

って感じで。

この終わり方なら個人的には消化しやすくて良かったなーと。

私がジャニーズWESTの、そして神山智洋の沼に落ちるまで

長年V担として生きてきて、ずっとV6より下におりる事はないし特にハマる事もないと思っていました。

しかし今、しっかりがっつりどっぷりとジャニーズWESTの沼に頭の先までズブズブに浸かっています。
他人様のブログを拝見して私も今後の自分の為に今のこの状況と気持ちを残しておきたい!と思いこうして、いつ振りかにブログと言う形で長文を書いてやろうかと触発されてみた。


まず、うえすとちゃんにハマるキッカケになったのは自担(坂本昌行)目当てで行った2016年4月22日の野球大会。
その時点ではWESTの存在こそ知ってたけど、メンバーの顔と名前もろくに一致しないレベルでした。
かろうじてどこかで森田くんを尊敬する先輩として名前を挙げていたとの話を耳にしたことがあったから濱ちゃんと自担との共演もあったから照史が完璧に分かるぐらいのレベル。
もちろん野球大会の間自担ばかりを見ていた訳だけど、ふと凄くいい笑顔の子がいるなぁ…と目についたのが重岡くんでした。
それと同時にお淳太様も目につく様に。(この時点ではまだ神ちゃんの事は全く分かってませんでした…)
当日は大活躍の自担を見れてほくほくしつつさっきの子誰や…と色々調べ出してWESTの子であることを把握。

まぁここからWESTの沼の前に立つまではとても早かったwとご覧の通り夏にはもうしっかり沼の入り口にいるんですよw
でもまだ神ちゃんの魅力には気付いていない…
で、沼に飛び込むキッカケはちょうど同じような時期にWESTが気になってる友人がいて、華麗にFC入会キメてた彼女にクリスマスのドームコンに誘ってもらえたのが1番大きいとは思うんだけど、やっぱり沼にドボンの決め手は「溺れるナイフ」でした。
ヒメアノ~ル3回見たんだけど、溺れるナイフも3回見たからね!!!

あの大友を見たら重岡くんに溺れる以外の選択肢がない!!!!!!

溺れるナイフ1回目を見終わって劇場出た瞬間に完全に落ちた…となってこの時点ではまだ箱推しと言うより重岡くん推しの私。
とは言え、この時点でドームコン行けるのはもう決まってたからグループについてはどんどん調べて吸収し始めてた。
ドームコンに向けて

と述べているそんな中、自分でも何キッカケなのかわからないけどの様に12月の上旬の時点で神ちゃんがめっちゃ自分の中できた。
ツイート遡ってもこんな感じで唐突に神ちゃん可愛いって言い出してるので、まぁ多分WESTと言うグループを知っていく上で自然発生した感情なんでしょうね。

あと、今思えば…なんだけど歌番組とかでWEST見ててもなぜか重岡くんを見つけられないし見つけてもすぐ見失ってたのね。
でも何故か神ちゃんはすぐ見つけるし見つけたら見失わなかった。
これ(すぐ見つけるし見失わない)ね、まーくん見てる時と同じで。
私は重岡くん推しなのに何故…と歯がゆく思ってたけどもうこの時点できっと私の心の奥底では神ちゃんだったんだろうねw

そんなこんなでクリスマス。初めての生WEST!!

って言ってるんだよね。そう、昼公演を見終わった時点では…
そしてオーラスを見てからのツイートがこちら

はい、もう落ちてる!!

私はしげ担と決めたじゃない!って神ちゃん落ちを認めない様にしてるけどこれもう落ちてるよねw
と、同時にWESTのライブに入って私の中でずっと払拭できずモヤモヤしてたものがきれいに消えたのがWEST箱推しにも繋がった。

20周年のVコンのオーラスに入れなかった事がどうしても自分の中で消化出来なくてずっとモヤモヤモヤモヤしてたんだよね。
その為20周年コンの本編ディスクも見る気になれずで。
せめてオーラスじゃなくても代々木に入れてれば何かちょっと気持ち的に違ったのかもしれないけど。
そんなモヤモヤがWESTのライブに行った事で払拭された。
それはド新規の自分でも本当に本当に楽しかったから。
これが1番だと思っています。
客層は確実に若いし、一応グループの事付け焼刃だけど勉強もしてたからデビューまでの道のりの事とか考えたら完全アウェーを覚悟してた。
でもそのアウェー感すら微塵も感じる事無く、ただただ楽しかった。
そうだライブってこんなに楽しいんだった!!って改めて気付かせてくれたと言うか。

こうなったらもう完全なるWESTの沼住人爆誕ですよ。
まぁ11月下旬の時点でFCには入会してたけどw
完全なるWEST沼入りを認めたらもうひたすらWESTを愛でる日々。
あとは私がしげ担じゃなく神ちゃん担なのを認めるか認めないか。
FC入会時、重岡くんの名前で名義作ったから変更したくないって何か変な意地みたいな思いがあって。
でも友人に話聞いてもらってて「あれ?これやっぱり私神ちゃん担じゃない?」って思ってて。
でももうごちゃごちゃ言ってないで認めれば良くない?と私これ神ちゃん担…だなって認めたらすんごいしっくりきてビックリしたよねw
一気に視界がクリアになった感じでもう毎日が楽しくてしょうがない。

これが私がWESTの、そして神山智洋の沼に落ちるまでの一部始終。