読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これが私の生きる道

好きなものを好きなだけ好きなように

私がジャニーズWESTの、そして神山智洋の沼に落ちるまで

長年V担として生きてきて、ずっとV6より下におりる事はないし特にハマる事もないと思っていました。

しかし今、しっかりがっつりどっぷりとジャニーズWESTの沼に頭の先までズブズブに浸かっています。
他人様のブログを拝見して私も今後の自分の為に今のこの状況と気持ちを残しておきたい!と思いこうして、いつ振りかにブログと言う形で長文を書いてやろうかと触発されてみた。


まず、うえすとちゃんにハマるキッカケになったのは自担(坂本昌行)目当てで行った2016年4月22日の野球大会。
その時点ではWESTの存在こそ知ってたけど、メンバーの顔と名前もろくに一致しないレベルでした。
かろうじてどこかで森田くんを尊敬する先輩として名前を挙げていたとの話を耳にしたことがあったから濱ちゃんと自担との共演もあったから照史が完璧に分かるぐらいのレベル。
もちろん野球大会の間自担ばかりを見ていた訳だけど、ふと凄くいい笑顔の子がいるなぁ…と目についたのが重岡くんでした。
それと同時にお淳太様も目につく様に。(この時点ではまだ神ちゃんの事は全く分かってませんでした…)
当日は大活躍の自担を見れてほくほくしつつさっきの子誰や…と色々調べ出してWESTの子であることを把握。

まぁここからWESTの沼の前に立つまではとても早かったwとご覧の通り夏にはもうしっかり沼の入り口にいるんですよw
でもまだ神ちゃんの魅力には気付いていない…
で、沼に飛び込むキッカケはちょうど同じような時期にWESTが気になってる友人がいて、華麗にFC入会キメてた彼女にクリスマスのドームコンに誘ってもらえたのが1番大きいとは思うんだけど、やっぱり沼にドボンの決め手は「溺れるナイフ」でした。
ヒメアノ~ル3回見たんだけど、溺れるナイフも3回見たからね!!!

あの大友を見たら重岡くんに溺れる以外の選択肢がない!!!!!!

溺れるナイフ1回目を見終わって劇場出た瞬間に完全に落ちた…となってこの時点ではまだ箱推しと言うより重岡くん推しの私。
とは言え、この時点でドームコン行けるのはもう決まってたからグループについてはどんどん調べて吸収し始めてた。
ドームコンに向けて

と述べているそんな中、自分でも何キッカケなのかわからないけどの様に12月の上旬の時点で神ちゃんがめっちゃ自分の中できた。
ツイート遡ってもこんな感じで唐突に神ちゃん可愛いって言い出してるので、まぁ多分WESTと言うグループを知っていく上で自然発生した感情なんでしょうね。

あと、今思えば…なんだけど歌番組とかでWEST見ててもなぜか重岡くんを見つけられないし見つけてもすぐ見失ってたのね。
でも何故か神ちゃんはすぐ見つけるし見つけたら見失わなかった。
これ(すぐ見つけるし見失わない)ね、まーくん見てる時と同じで。
私は重岡くん推しなのに何故…と歯がゆく思ってたけどもうこの時点できっと私の心の奥底では神ちゃんだったんだろうねw

そんなこんなでクリスマス。初めての生WEST!!

って言ってるんだよね。そう、昼公演を見終わった時点では…
そしてオーラスを見てからのツイートがこちら

はい、もう落ちてる!!

私はしげ担と決めたじゃない!って神ちゃん落ちを認めない様にしてるけどこれもう落ちてるよねw
と、同時にWESTのライブに入って私の中でずっと払拭できずモヤモヤしてたものがきれいに消えたのがWEST箱推しにも繋がった。

20周年のVコンのオーラスに入れなかった事がどうしても自分の中で消化出来なくてずっとモヤモヤモヤモヤしてたんだよね。
その為20周年コンの本編ディスクも見る気になれずで。
せめてオーラスじゃなくても代々木に入れてれば何かちょっと気持ち的に違ったのかもしれないけど。
そんなモヤモヤがWESTのライブに行った事で払拭された。
それはド新規の自分でも本当に本当に楽しかったから。
これが1番だと思っています。
客層は確実に若いし、一応グループの事付け焼刃だけど勉強もしてたからデビューまでの道のりの事とか考えたら完全アウェーを覚悟してた。
でもそのアウェー感すら微塵も感じる事無く、ただただ楽しかった。
そうだライブってこんなに楽しいんだった!!って改めて気付かせてくれたと言うか。

こうなったらもう完全なるWESTの沼住人爆誕ですよ。
まぁ11月下旬の時点でFCには入会してたけどw
完全なるWEST沼入りを認めたらもうひたすらWESTを愛でる日々。
あとは私がしげ担じゃなく神ちゃん担なのを認めるか認めないか。
FC入会時、重岡くんの名前で名義作ったから変更したくないって何か変な意地みたいな思いがあって。
でも友人に話聞いてもらってて「あれ?これやっぱり私神ちゃん担じゃない?」って思ってて。
でももうごちゃごちゃ言ってないで認めれば良くない?と私これ神ちゃん担…だなって認めたらすんごいしっくりきてビックリしたよねw
一気に視界がクリアになった感じでもう毎日が楽しくてしょうがない。

これが私がWESTの、そして神山智洋の沼に落ちるまでの一部始終。